バレンタインデー

こんにちは、たろう動物病院・院長の村橋 宏規です。
今回は、前々回昇子先生が話してくれた『チョコレート中毒』の話をしようと思います。

っとその前に、昨日(12日の日曜日)は病院を休んでご迷惑をおかけしてすみませんでした。
おかげ様で、すごくためになるセミナーに参加できました。内容は肝臓の外科・内科治療のことで、これからの診療に活用していきたいと思います。

明日(今日?)はいよいよバレンタインデーですね。
何かあるのでは!? と内心ドキドキしている男性もきっとたくさんいると思います。
(私も、心のどこかでひょっとしたら女の子にチョコがもらえるのでは!?と期待を胸に学校に行き、そして何もなく、やっぱりな、と自分に言い聞かせて家に帰っていた記憶があります。。。)
男って純粋(単なるおバカ?)だなぁとつくづく思います。
バレンタイン。 せんべいチョコがお気に入り!



さてさて本題に入りますが、そんな楽しみな『チョコレート』もペットにとっては“毒”だということは皆さんご存知だと思います。
どうしてチョコが犬や猫にとってダメなのか。
それは、チョコレートの中のテオブロミンやカフェインといった物質が中枢神経や心筋を刺激し興奮状態に・・・
とイロイロ書いてますが、
簡単に言えば、もしチョコを食べてしまったら、落ち着きがなくなったり、心臓のドキドキが激しくなったり、ひどい場合は発作を起こしたり、意識がもうろうとぐったりしたり、
量によって死んでしまう恐れもある、ペットにとっては怖い食べ物なのです。

もし食べてしまった場合は、吐かせたり、お薬をあげたり、点滴をしたりなど、毒素が体に溜まらないようにして症状を和らげることができます。
なので、もしもの場合はすぐに動物病院にご相談下さいね。


簡単に書かせて頂いたので、詳しく知りたい方は遠慮なく聞いて下さいね。
ではでは、たろう動物病院では2月13・14日は来院して下さった飼い主様に少しばかりの気持ちをお渡ししています。
中身は・・・お楽しみに ほんの気持ちです。
(今回の中身は飼い主様用なので、決してペットちゃんにはあげないで下さいね!)

たろう動物病院
〒591-8022 大阪府堺市北区金岡町1988-2
Tel: 072-275-8860
HP: http://www.taro-animal.com


プロフィール

たろう動物病院

Author:たろう動物病院
大阪府堺市北区の「たろう動物病院」のスタッフブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR