桃の節句

こんばんは、副院長の村橋 昇子です。

今日は雛祭りですね!
お内裏様とお雛様☆

たろうでも、少し前から受付にウサギちゃんのお内裏様&お雛様を飾ってました。

実家にいる頃は(特に小さい頃は)毎年母が飾っているのを手伝ったりしてましたが、
自分が親になってみると、忙しい毎日の中、何段もの雛人形を飾ったり片付けたりするのって
意外と大変だよなぁ・・・と思うようになりました
でも、そうやって、子供の健康や幸せを祈る日が毎年来るって素敵な文化ですよね。

我が家は男の子なのでお雛様はありませんし、
家が広くないので節句のお人形をどーん!と飾ることはありませんが、
ちっちゃな飾り物程度でも、子供の幸せな成長を祈る心は受け継いでいきたいものです。

桃! うさぎちゃん☆

さてさて、雛祭りからだいぶ話題はそれますが、
最近、心臓病を悪化させて来院するワンちゃんが非常に多くなっています。
(あまりに多いのでやはり気候が関係している気がして、心配なので書きました)

心臓病は、冷え込む時期や季節の変わり目に血圧の変化から調子を崩すことが多いのです。
もともと心臓の検査を受けていて、薬を長期的に飲んでいるようなワンちゃんは仕方がないとしても、
注意したいのは、それまで心臓が悪いことに全く気付いていなかったり、
以前に心雑音を指摘されたけど、元気だし大したことないと思ってた、というような飼主様の場合です。
「調子が悪いな」と思っていたら、実は心臓が限界まで頑張っていて「肺水腫」という肺にお水が溜まった
状態になっていて、突然命の危険を言い渡された! ・・・なんてことも。

可愛い我が子(愛犬、愛猫)をそんな危険に追い込まないためにも、
なにげない診察であっても、獣医さんに注意されたり気になったりしたことは出来る限り検査を受けて、
適切な知識を身に付けて、大事なペットちゃんを正しく管理してあげて欲しいと願うばかりです。

当院でも今月からフィラリア検査を始めました。
健診や血液検査を受けるこの時期は、去年とはまた違ってペットちゃんの今の健康状態を
また新たに知る絶好のチャンス。
診察中には是非いろいろ質問して知識を取り入れてくださいね。
お待ちしています!
たろう動物病院
〒591-8022 大阪府堺市北区金岡町1988-2
Tel: 072-275-8860
HP: http://www.taro-animal.com


プロフィール

たろう動物病院

Author:たろう動物病院
大阪府堺市北区の「たろう動物病院」のスタッフブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR